Entries

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    『マザーグール』

    菅原先生

    菅原キク先生の新連載『マザーグール』が始まりました! すごくおススメなので宣伝!(特にホラー&グロ物好きな方に) 
    『マザーグール』は以前コミックアーススターで連載していた『HOLY HOLY』という漫画の遺伝子を引き継ぐ物語。お嬢様学校の生徒が多く乗る豪華客船の難破、未開のジャングルに漂着した何人かの少女たち、そこで出会う謎の生き物と恐怖の始まり、差し込まれる御伽噺のような謎の生き物に関する物語がその異界な雰囲気を盛り立てます。
    同じ舞台、同じ時間で始まるものですが、以前とは違う少女たちからの視点で、彼女たちの個性でまた惹き込まれます。ホラー要素が多いようですが、それ以上に美麗な彼女たちや舞台のジャングル、異形な化け物がまた魅力的です!
    謎の多いこの世界の本当もこの『マザーグール』で観れるのがとても楽しみです!
    今月の月刊コミックリュウの誌面で冒頭から途中まで、一話全部はウェブで無料に公開されてます! 細部まで見たくて大きな画面にして見ました(ズーム機能欲しいよお;)
    こちらから→コミックリュウウェブ マザーグール
    キク先生は前にも何度かブログで書いていますが、私が初めて行ったアシスタント先の先生です。今は時々スカイプ越しにお話をしたりですが、身近で漫画を描く尊敬できる先生の一人です! 先生の新連載が私にとっても元気が出るものでとても嬉しいです!  
    スポンサーサイト

    四月は君の嘘最終巻!

    4月
    いつの間にか暑くなって最高気温が30度近くになったりとか、梅雨はどうした?本当の夏は何度になるんだ?という日々です。近くの高校で例年の体育祭の練習が始まって、「去年もやってたけど、今年もこの時期来たかぁ、早いなぁ」と思ったり。でも高校生時分の時の一年て、よく言われるけど今よりずっと長かった気をする。家でごろごろしてたらあっという間に寿命が来そうで怖いです。ひとまずネームの直しを終えたのでやることはやったぞという感じです。結果もまた怖い。

    そんな中、今月の15日に新川先生の「四月は君の嘘」の最終巻がついに出たのです!結末は雑誌面で見ているので知っているのですが、改めてコミックスで観るクライマックスは「・・・凄いなぁ」なのです。

    以下の追記はネタばれがあります↓

    続きを読む

    今月のこと

    夕富士

    二月の中旬で、色々あったようで、まだ半分しか過ぎてないと気付きました。
    でも三月になってからはまた一年があっという間に過ぎてくよう、と思ったりもするのかも。

    今月は5日に読み切りが載りましたが、同じ日に菅原キク先生の読み切り「はるちれーしょん」が載った雑誌TRASH-UP!!が、そして6日には新川直司先生の「四月は君の嘘」の最終回が載った月刊少年マガジンが発売になりました。なんだか同じ日や近しい日なのが嬉しいのです!

    続きを読む

    HOLYHOLY2巻!

    holy2 (600x800)

    菅原キク先生新刊が出ました!
    ちょっと怖くてグロイシーンがあることは知ってはいました。一巻でもそんなシーンはあったし、覚悟はして読んでいました。
    が、予想以上に
    怖かった!!
    後半の悪夢のような展開は、しばらく引きずる程に;
    謎の多い状況、環境で、世間知らずのお嬢さんたちに襲い来る化け物・・・怖い、怖いんだけど、
    気付けば一気に読んでしまいました。
    キャラクター一人一人が個性的でそれぞれに魅力的なので、「この子はどうなる?この子ならどうする?」と興味を持っていく内に、自分も同じ目線で化け物に対峙していて・・・三、四グループくらいに分かれた分の舞台に、島に住む化け物やそれを暗示するような物語、かなり多くの情報があるはずなのに良いバランスで描かれていて
    恐怖しつつも読み終わった後は「なんなんだ、これは!?そしてこの後どうなるの?!」と悶えました。
    キク先生の絵柄でまたコメディを読みたい!という気持ちもあるけれど、この物語の行き着く先も見たいです!

    パニくるお嬢様とミステリー、そしてほんのりグロイもの好き!な人にオススメです!!
    そして帯も素敵です
    holy222.jpg

    キク先生表紙!

    horihori.jpg
    12日発売のアーススターです。
    「HOLYHOLY」が表紙です!
    かっこいい・・・カラーは大変かと思いますが、独特な雰囲気を持つこのカラーもっともっと見たいと思いました!!
    単行本は事情により延期とのことで残念ですが、そのことについて伝えているキク先生のブログを見て、そうした配慮の中で救われる人がやはりいるんだと知り、「早く読みたいよー!」と一方的に思っていた自分に反省なのです。

    最近は周りの人の活躍に触れる機会が多いです。みんなそれぞれに大変な思いや状況の中、前に進んでいてかっこいいのです。それが全員大好きな方々なのでなおのこと嬉しいのです!

    Appendix

    プロフィール

    Author:旧サブ、現サブリック
    現在、月刊ミステリーボニータにて連載中、原作:一條マサヒデ先生『高倉くんには難しい』の作画をしてます。
    漫画描いたり、アシスタントをしたりしてます。

    アルバム

    twitter

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。